どんな人がカードローンを利用できるのか

経済的負担を支えてくれるカードローンは年々契約者が増加しています。
私も契約したい・・・と考えている人もいるでしょうが、残念ながら全ての人が利用できるわけではありません。
カードローンの利用条件はいくつかあるのですが、最低限の条件として「20歳以上」「一定の収入がある人」となっています。
原則20歳以上ですが、会社によっては18歳以上なら融資を可能としていることもあります。
ただし、いずれの年齢でも一定の収入がない人は契約することができません。
正社員のみならず、派遣社員、契約社員、自営業、アルバイト、パートでも一定の収入があれば契約は可能です。
また、年金でも契約することが可能ですが、生活保護を受けている人の借入れは違法ですので注意してください。
その上で、後は個人の返済能力に応じて各社が融資が可能かどうかを審査にて判断します。
審査では、年齢、性別、職種、年収、勤務年数、結婚の有無、居住形態や年数、固定電話の有無など個人情報を元に判断します。
最近ではコンピュータでスコアリングして審査結果を出しています。

例えば公務員5点、正社員3点、自営業1点と言うように条件に応じて点数化し、その点数の合計が会社が規定する審査ポイントを上回れば審査OKという仕組みになっています。
ただし審査の基準は各社ごとに異なるので、どの条件を満たせば審査に通過できるとは一概には言えません。
そして、審査の際に最も影響するのが「個人信用情報機関」に登録されている内容です。

個人信用情報機関とは、キャッシング、カードローン、クレジットカードの契約を申し込んだ人の個人情報が登録されている情報機関です。
例えば、審査の合格の有無、借入れ利用履歴、返済履歴、その他などが常に自動更新という形で登録されています。
カードローンは個人の信用(返済能力)で契約するので、現在の借入れ件数や借入れ総額、返済の延滞や滞納を最も重視します。
ここに問題がある人は審査に通過できる可能性は低くなります。
しかし、初めてカードローンの契約をする人なら、個人信用情報機関の情報はクリーンなので特に問題はないでしょう。
ほぼ100%契約不可能な人の特徴としては、「申し込みブラックになっている」「総量規制を超えている」「数年以内に債務整理の経験がある」と言う人です。
申し込みブラックとは、1ヶ月のうちに3件以上に申し込んで審査に落ちた人のことです。
この場合、その情報が抹消されるまでに半年はかかるので、その間は申し込みをしても審査に通過できません。
総量規制は、貸金業者が消費者に融資できる金額を規制した法律です。

カードローンは基本的に個人向けなので、借入限度額は収入に応じて決められます。それから、他社での借入額や、返済履歴等も考慮され算出されます。
法人の場合の融資は下記の図のように複雑ですが、個人の場合は気にする必要はないと言えます。

記事の全文はこちらです:即日融資

年収3分の1を越えた借入れをしている人は法的に融資してもらうことができません。
また、債務整理を行うと、原則として数年間はフリーローンやクレジットカードの契約ができなくなります。
特に問題がないのに審査に落ちたと言う人は、申し込みの際の書類の記入漏れ、記入間違い、書類の不備などがあげられます。
慎重に確認をして申し込みをすれば間違いはありません。