カードが発行されないカードローン

カードローンはカードがあるからカードローンなんじゃないかと思ったら、
なんとカードがないタイプのローンもあるんですね。
それじゃなんでカード?と思わなくもないですが、
いままでの延長線上にあるって感じなんでしょうか。
カードレスと呼ばれているようですが、
そのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
まず、いままでのカードローンのことを思い起こしてみましょう。
店舗でも無人契約機でも、インターネットでも携帯電話でもいいですが、
審査を申込んで審査に通過したらカードが発行されます。
店舗や無人契約機ならその場でカードが受け取れますが、
インターネットや携帯電話で申込んだ場合、
審査に通過したら郵送でカードが送られてきます。
しかも、ポストに投函されれば対処のしようがありますが、
簡易書留で送られてくることもあります。
これは、家族に契約したことがばれてしまうもとです。
なかには会社名を封筒に書いていないところもありますが、
いったい何が来たのかと聞かれたら答えづらいじゃないですか。
その点、カードレスならカードは発行されないんですから、
郵送でカードが送られてきて気まずい思いをするなんてこともありません。
誰に知られることなく利用することができるというわけです。
なるほどそう考えると、
最近カードレスが増えている理由がなんとなくわかりました。
利用したいけれど、
郵便物が送られてくるのはイヤだという人がけっこういたということなんですね。
そのニーズに答えて、
カードレスのローンカードが登場したということなのかと納得です。
カードがないならどうやってお金を借りるんだと思われた方、
いまはインターネットでなんでもできてしまうんですよ。
オンラインバンキングなんてものがあるんです。
振込口座を指定すれば、
その指定した口座にお金を振込んでもらうことができます。
後はいつものようにその口座からお金をおろせばいいというわけです。
なんて手軽なんでしょう。
カードがないんですから、
カードを失くすなんてこともなくなります。
カードを保管する手間とか心配もなくなるわけですね。
ただ、今までのようにコンビニや銀行のATMを利用することはできません。
インターネットや携帯電話、スマートフォンなどから申込むことになります。
いまは誰でもネットやスマートフォンを持っていますから、
誰でも手軽にローンを利用できるというわけです。
インターネットの環境と口座があれば、
後はカードなんてなくてもいいという感じでしょうか。
世の中ITのおかげでますます便利になった感じです。
返済もインターネットや携帯電話、スマートフォンですることができます。
これなら、自分で言わなければ、
誰にもローンを利用しているなんて知られる心配はありません。
家族にだってきっとばれずに利用することができるでしょう。
あらかじめ振込をしているできる銀行口座がなくてはいけませんが、
ネットバンクならすぐ開設できるので心配は不用です。